当院の仲間を
随時募集しています!

当院では自宅や施設で療養をしている患者さんに在宅でできる最善の医療とケアを提供していきたいと考えています。当院の都合で妥協はしたくありませんし、自分や自分たちの家族が患者さんであっても同じ対応をしていると自信をもって言えるよう努力しています。

最初から全てができなくても問題ありません。常に研鑽を怠ることなく、できることを着実に増やしていく姿勢をお持ちの方であればどなたでも大歓迎です。

また、スタッフが気持ちよく楽しく働いていなければ患者さんに対しても質の高い仕事はできません。
スタッフがお互いに助け合い、家庭も大事にできるような働き方を重視しています。

ぜひきよやまクリニックの一員として、地域の患者さんの生活を守り、やりがいを楽しんでいきましょう!

医師:
募集要項を詳しく見る

ご就職祝い金について

院長からのメッセージ

私は大学を卒業後、スペシャリストになる前にまずジェネラルマインドをしっかりと身につけたいと考え、臨床研修のメッカである沖縄県で初期研修を行いました。

初期研修の2年間で数千件以上の救急初療を担当しましたが、半年もたつと、救急外来を頻回に受信される患者様が一定数いらっしゃることに気が付くようになりました。

  • つい最近まで心不全の入院治療をしていたのに、退院後にすぐに体重が増えて呼吸状態が悪化して再入院となる患者様
  • 癌の終末期で、痛みに苦しみながら救急を頻回受診してしまう患者様
  • 適切なフットケアがなされず蜂窩織炎を繰り返す患者様

枚挙に暇がありませんでした。

初期研修医の自分は業務に忙殺される中で、これらの原因を深堀りすることなく研修生活を送りました。

合計4年間の臨床研修を終えたあとは、離島を含む沖縄の僻地診療に携わることとなりました。

そこで、入院前後の患者様のご様子に直接触れることとなります。

  • うっ血性心不全の治療を終えて退院したのに、怠薬は当たり前で塩分制限もできない
  • がん性疼痛で苦しんでいるのにオピオイドが開始されていない。もしくは、充分な投与量ではない
  • 爪白癬や巻爪なのに、爪を切って足をケアしてくれる人が周囲にいない

こういった現実を目の当たりにし、「頻回に救急外来に戻ってしまう患者」の背景を直感的に理解すると同時に、質の高い臨床技術を在宅の場で提供すれば、入院を要するような状態悪化をある程度防げるだろうと確信しました。そして、患者さんを中心とした多職種からなるチームで、患者様の在宅療養を支援する訪問診療というスタイルにどんどんのめり込んでいきました。

急性期病院では様々な業務に追われ慌ただしい日々を過ごしていました。しかし訪問診療では比較的時間がゆっくりと流れています。落ち着た雰囲気で患者様のお話に耳を傾け、丁寧に身体診察を行い臨床的なアセスメントをしつつ、生活状況を直接見ながら患者さんのソーシャル面にも思いを巡らせることができ、患者さんを文字通り全人的にマネージメントできることにやりがいを感じていました。

こうした経験から、在宅で療養されるより多くの患者さんのお役に立ちたいと思い、高齢化の波の押し寄せる大田区で在宅クリニックを開業しました。

おかげさまで多くの患者様の在宅療養にご協力させていただいておりますが、在宅の場は正解のない命題が溢れていることを実感する日々です。当然そこには多くの悩みが生まれます。そのようなときは、患者様・ご家族様・介護関係者などが立場を超えて向き合い、より最善に近い選択を積み重ねていくことになります。この営みこそが訪問診療そのものだと実感する毎日です。

訪問診療では医療資源が限られるため、問診・身体診察という基本的な臨床技能により磨きがかかります。また、患者様の人生に絶えず寄り添うので、人間力もより涵養されるでしょう。

一人ひとりの患者様にこれまで以上にじっくりと向き合いたい方、多職種でチームを組んで地域を上げて患者様に関わってみたい方、医師としてステップアップしたいとお考えの方に、ぜひ仲間になっていただきたいと考えております。

理事長からのメッセージ

在宅医療は、教科書には答えの載っていない「応用の応用」が必要です。例えば「1日3回の点滴を病院ではしていた。しかし在宅ではそうはいかない。じゃあ、どうする?」といった答えのない医療を自分たちで最適解を見出す必要があります。そこが難しさでもあり、楽しさでもあります。

また、病院での診療とは異なり、患者さんの病気や治療内容だけでなく、家庭環境や生き方そのものを受け止めていく必要も出てきます。多種多様な家庭や生き方がある中で、どういったケアが適しているかを考えていく。これも教科書には載っていないことです。

そういった「答えのなさ」を楽しめる人。数をこなす医療ではなく、もっと深く1人1人を支える医療を体現したいという方に合っている職場が、当院なのかなと思います。

在宅医療は、社会的にもニーズが高まってきています。健康寿命を伸ばすことを目的に行政や今までの医療界は動いてきましたが、健康寿命を終えた後、最期を迎えるまで10年以上を生きることもあります。そういった「健康寿命を終えた時期をどう過ごすか」については全く触れられてこなかったんです。その人らしい生き方や過ごし方をお手伝いする仕事である在宅医療は今後より重要性を増すでしょう。

都市部では在宅医療は広く普及してきており、どういった仕事かを理解されている医療従事者も多い。若手医師でチャレンジしようという方も多いんです。一方、宮崎県内ではまだまだ認知度は低く、医療従事者でも何をするのかイメージできない方も少なくありません。当ウェブサイト内で業務の内容をテキストのみならず、動画でも感じていただくことができます。在宅を経験することは、医師のキャリアにおいてプラスになることは間違いありません。

在宅医療は基本的に、前もって予定を組み、準備をした上で業務を行うことができます。また病棟に泊まるような当直もなく、必要時は自宅から往診に向かいますが一般に思われているほど夜間の出動も多くありません。そのため、病院勤務よりもワークライフバランスを適切に保つことができます。

自分自身のペースで、しっかりと患者さんやその人生、ご家族と向き合える在宅医療に少しでも興味があれば、ぜひご連絡いただければと思います。人員の募集は随時行っています。

お問い合わせ

ひなた在宅クリニック山王

〒143-0023 東京都大田区山王3-29-1 ブルク山王201

Tel: 03-6429-8671 / Fax: 03-6429-8672

Email: info@hinata-hcc.jp

訪問診療 平日 午前8時半~午後5時半